読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

今日から本気だす

徒然なるままに

一眼レフを買おう

半年前、受験期に写真にはまり、学校帰りにスマートフォンで空や風景の写真を撮ったり、狂ったようにまとめサイトを眺めては「大学生になったら自分もカメラを買って一人旅をしよう」とあこがれていた。お年玉をため、エントリー機が買えるくらいにはなった。しかし、時は過ぎもう大学生夏休み終盤。無常である。ああ無常。この夏休みしたことと言えば散歩とバイトぐらいなものである。ためていたお年玉は少しずつ使ってしまい、カメラを購入するにはぎりぎりであった。

 

ふと家に帰り、姉の部屋を見ると、なんとカメラがおいてあった。CANNONのミラーレスカメラ EOS M2 である。先を越された、と勝手に思いつつカメラに手を伸ばした。実はミラーレスカメラを触るのは初めてである。そもそも一眼レフの類は店頭でしか触ったことがなかった。技術はないものの、無駄な知識をネットで吸い込んでいた私は、どうせCANNONのミラーレスだし、たいしたことないだろう。ファインダーのぞいたほうがかっこいいし上達するじゃないか、と一方的な批判を胸に抱き、それでも興味はあったので、適当にシャッターを切った。

自分のとった写真を確認する。背景がかなりボケており、なかなかそれっぽい写真が撮れた。私は決意した。「自分もカメラがほしい。お金がないなんて言い訳している場合じゃない。次のバイト代が入ったらカメラを買おう。」

f:id:sionnene:20160823102452j:plain

 

 

ほしいカメラのめぼしはいくつか付けていた。CANNONのkiss x7かNikonのD3300、ペンタックスのK-50、そしてソニーのミラーレスかpenシリーズである。どれもエントリー機で大差ないかもしれないが、5万円近くの買い物は大きいので慎重に検討しているうちに分からなくなってくる。CANNONのkissは、一眼レフで最も軽く、またポートレートに向いているという。Nikonは風景を忠実に再現できるらしい。ペンタックスの白のカメラはかっこいい。私は星がすきで、星座や月の写真を撮りたいと思っていた。また、いつかコミケにいきコスプレの写真を撮ること、また一人旅で海外や北海道に行き撮影することも夢見ている。旅をするならミラーレスのほうがいいのではないか、しかしファインダーをのぞきたいという浅はかな考えでミラーレスの候補は消えた。初心者なんてフィーリングで決めればいいとネットの人が言っていた。

 

30分程悩みに悩み、レンズの種類が多いというNikonかCANNONしようと決めた。アマゾン川で値段を見ると、おや、D3300は安いじゃないか。kissより充電も持ちそうだし、なんか3300のほうがスペック高そうじゃね?と安直な考えによりNikonD3300に決めた。近日中にバイト代が入るため、店頭で見てから購入したいと思う。ようやく夢が一つかないそうである。思ったことはすぐ行動に移した方がいいね。

髪切りたいから予約なしで突撃してきます。終わり。